【脳科学】なぜストレスを感じると甘いものや炭水化物を食べたくなってしまうのか?

http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1552220474/【元スレ】

1 2019/03/10(日) 21:21:14.71 ID:CAP_USER
仕事や人間関係で嫌なことがあった時、無性に甘いものや大量の炭水化物をガッツリ食べたくなるという人は多いはず。いったいなぜストレスを感じると甘いものや炭水化物を食べたくなってしまうのか、脳科学者で肥満の専門家であるAchim Peters氏が説明しています。

Why Do We Crave Sweets When We’re Stressed? – Scientific American
https://www.scientificamerican.com/article/why-do-we-crave-sweets-when-were-stressed/

人間の脳が体重に占める割合はわずか2%ですが、脳は人間が摂取する炭水化物の半分を消費する「大食い」の器官といえます。脳の燃料となるのがでんぷんやショ糖などの炭水化物を分解して得られるグルコースであり、炭水化物を摂取すると速やかに体へエネルギーを供給できるとのこと。

脳がストレスを受けると、通常よりも12%も多くのグルコースを必要とすることがわかっており、人々は脳の要求に従ってスナック菓子を食べたり主食を多く食べたりします。ストレスを受けた人々は認知活動が低パフォーマンスになりますが、食事を取ってエネルギーを補給することでパフォーマンスを元に戻せるそうです。しかし、グルコースは脳の活動に必要不可欠なエネルギーとなる一方、甘いものや炭水化物の食べ過ぎは肥満につながり、生活習慣病を引き起こす原因となります。

人間が空腹を覚えると、交感神経および副交感神経の機能や内分泌系の機能を調節する視床下部が活性化します。特に代謝や摂食行動に関わる視床下部腹内側核、視床下部外側野、弓状核といった領域が空腹時の欲求に関わっており、グルコースが不足すると体のほかの部位から送られる情報を情報を遮断し、早くグルコースを供給するように訴えかけるとのこと。

実際に脳と炭水化物の関わりを調べるため、Peters氏は40人の被験者に対して実験を行いました。実験は2回のセッションに分けられており、片方のセッションでは被験者が見知らぬ人の前で10分間のスピーチをし、その後で1時間にわたりビュッフェ形式の食事を取りました。もう片方のセッションでは被験者はスピーチをせずに、同じく1時間の食事を取ったとのこと。

それぞれのセッションでは食事の前に、ストレスに応じて分泌されるホルモンのコルチゾールとアドレナリンの血中濃度を測定しました。その結果、予想通りスピーチを行った場合の方が被験者の血中ストレスホルモン濃度は高くなり、ビュッフェで食べる炭水化物の量も平均で34g多くなったそうです。

このように人間はストレスを受けると炭水化物や甘いものを通常よりも多く欲します。Peters氏は仕事中にどうしてもチョコレートが食べたくなった場合、無理に我慢せずに食べてしまった方がいいとしています。仕事をする人々はストレスを感じることが多く、チョコレートを食べることによって脳の働きを回復し、体調を保つことができるとのこと。

もしも甘いものを食べたいという欲求を我慢した場合、脳は脂肪や筋肉からグルコースを取り出して脳へ供給しますが、これはさらなるストレスホルモンを分泌する可能性があります。これは人間の精神に悪影響があるだけでなく、長期的に見ると心臓病や脳卒中のリスクを高める可能性もあります。

甘いものを欲するのはストレスを強く感じる成人だけでなく、赤ちゃんも同様です。体に比して脳の占める割合が多い赤ちゃんはエネルギーを多く欲し、甘いものを好みます。赤ちゃんが飲む母乳には糖が含まれており、赤ちゃんは母乳を飲むことで糖を補給することができるとのこと。

大人になるに従って甘いものを好む人は減っていきますが、大人であっても甘いものが好きな人は少なくありません。好みは人によるものですが、生活環境が食べ物の好みに与える影響は強いとされており、たとえば小児期に強いストレスを経験した人は大人になっても甘いものを好む傾向があるそうです。

また、脳の要請に従ったものであったとしても、甘いものや炭水化物の食べ過ぎは体に悪影響を及ぼします。食生活が乱れる大きな原因はストレスであり、甘いものや炭水化物を控えたい場合はストレスの強い環境から抜け出すことが必要だそうです。Peters氏は、甘いものや炭水化物を食べ過ぎてしまう多くの人が「自制心のない人だ」と思われがちですが、その欲求の背後にはストレスがあるかもしれないと述べました。

https://i.gzn.jp/img/2019/03/10/why-crave-sweets-when-stressed/00_m.jpg

https://gigazine.net/news/20190310-why-crave-sweets-when-stressed/

2 2019/03/10(日) 21:23:18.72 ID:OWDwq+G7
>脳がストレスを受けると、通常よりも12%も多くのグルコースを必要とする
ストレスダイエットってのが出てくるかもなw

4 2019/03/10(日) 21:30:16.49 ID:RvBq5Xf0
>脳がストレスを受けると、通常よりも12%も多くのグルコースを必要とすることがわかっており、
>人々は脳の要求に従ってスナック菓子を食べたり主食を多く食べたりします。

>実際に脳と炭水化物の関わりを調べるため、Peters氏は40人の被験者に対して実験を行いました。


分かっていることを信じずに、自分で確かめる ←ここ重要
チョコレートが食べたくなった場合、無理に我慢せずに食べる ←たった一つの冴える方法

6 2019/03/10(日) 21:36:31.75 ID:r+OxAwu4
また朝がくる・・・

7 2019/03/10(日) 21:37:45.03 ID:Uzl5p3YZ
脳科学って単語の落ちぶれ方が凄まじい

10 2019/03/10(日) 21:58:49.80 ID:OjkCG9pt
仕事中特に午後はブドウ糖バリバリ噛み砕いてる

11 2019/03/10(日) 22:12:44.97 ID:l8vhLR90
糖尿病はストレス起因だし鬱になりがちとは聞くが
まさにその話だなこりゃ
甘いの吸収できないからそりゃ脳も劣化するわ

12 2019/03/10(日) 22:18:33.30 ID:ghXy89cL
甘い物を食べたいという欲求がほとんどない
生まれつきみたいだ

13 2019/03/10(日) 22:19:57.85 ID:ghXy89cL
砂糖の甘さが大嫌い
ちょっとでも砂糖が入っていると、気持ち悪くなる
豆、いも、果物の甘さならまだ多少は食べられる

14 2019/03/10(日) 23:27:38.44 ID:PXjU2tl4
炭水化物じゃなくてナッツなどをおやつにするといいってよ

15 2019/03/10(日) 23:34:06.86 ID:MO/Dbaz2
できるだけ甘いものは控えるようにしてるけど、頭脳を使ってる時はやはり必要と感じるから、チョコレートとかバナナとか食べるね。

18 2019/03/11(月) 00:23:30.66 ID:z/U3+bNv
脳に必要な分だけ取れれば良いんだが結局食べ過ぎで糖尿病一直線

20 2019/03/11(月) 01:17:05.78 ID:27kQx5qe
ストレス感じると甘いのより、泡立った苦い炭酸水とか、琥珀色の苦い液体を氷で冷やしたのが欲しくなるぞ

21 2019/03/11(月) 01:44:10.00 ID:IHpG+Sr9
アメリカの警官がドーナツを過剰に食べる理由かな?
ストレスを発散させればいいのか

28 2019/03/11(月) 09:11:26.25 ID:aARm99hS
そして太ることがストレスとなりますます炭水化物を摂って過食症へレッツゴー

31 2019/03/11(月) 09:56:21.83 ID:nRK1p59r
欧米の料理は砂糖あんま使わんからな
デザートぐらいか
日本食は糖分も塩分も高いしヘルシーでもなんでもないよね

34 2019/03/11(月) 12:28:30.64 ID:i4948ljc
かなり昔の無職時代に甘いものを食べると精神が安定することに気付いて
コーラを水代わりにしつつ、スニッカーズの袋入を一日一袋消費する生活を送ってた事を思い出した
体に悪いとは思いながらも、精神が安定するもんで自傷行為ぎみにずっと続けてたわ

35 2019/03/11(月) 12:30:14.74 ID:bxnO7dDS
唯一糖質摂取しても悪影響がないのは、筋トレ前でしょ
それか過酷な肉体労働する前
脳はケトンでも大丈夫だから、中鎖脂肪酸を摂取すればいい

42 2019/03/11(月) 14:07:40.95 ID:JGrs2Z25
眠くなったら仮眠、甘いもの食べたくなったら食べる、要は我慢するなということ。

43 2019/03/11(月) 14:50:37.67 ID:IcslhxTX
食べてぶどう糖をとると脳がセロトニンを出すから?ストレスの苦痛を和らげるの?

47 2019/03/11(月) 22:48:02.32 ID:S6mgtWqs
どうして甘い物が欲しくなるかよりも、甘い物が欲しくなくなる方法が知りたい